橋本でホワイトニングを受けたながら、本の販売について考えた

橋本でホワイトニングを受けたながら、自分で出版をする本の販売について思いを巡らせました。
なぜか、出版業界は今は不況なので、出版をするのにも一苦労なのが現実です。
しかし、本を読む人がいなくなるわけではないのですから、
これからも出版文化は守っていかなくてはなりません。
最近では、インターネットから情報を集めている人が増えていますが、
やはり本物の知識は書籍から得るものですようね。
それを逆手にとって、インターネットで書籍を販売したらどうでしょうか。
そうすれば、流通コストはかかりませんし、欲しい人に探してもらえる環境が整います。
売れないことを嘆くのではなく、どんな工夫をすればいいのかを考えたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です