目黒で鍼灸を受けながら本の販売システム改革について考えた

目黒で鍼灸を受けながら本の販売システム改革について考えてみると、
互いの共通点がよく分かるものです。
鍼灸では補法と瀉法を絶妙に使い分けることで、余計なものは排除しながら、
必要なエネルギーを供給しているわけです。
このようなことから、補瀉の理論を本の販売システム改革に当てはめる場合には、
コスト削減の必要性が明らかになってきます。
目黒で鍼灸を受けた後には、余計な老廃物が体から除去されて、
身も心もすっきりとするものです。
このような補瀉のリズムを本の流通や販売の分野で活用すれば、
新たな事業を展開することも容易になります。
鍼灸では経穴に対して取穴を行うわけですが、システム改革にも同様な要素があるため、
成功するためのツボを見つけることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です